育毛シャンプー

アミノ酸系洗浄成分とは?

シャンプーを選ぶときによく目にする、洗浄剤の成分ですが大きく分類して、石油系洗浄剤、石鹸系洗浄剤、そして、アミノ酸洗浄剤があります。アミノ酸洗浄成分が育毛シャンプーではおすすめされていますが、その理由を詳しく説明します。

 

石油系洗浄剤はおすすめしない

市販のシャンプーで使われているのが石油系洗浄成分です。これは安価で泡立ちがいいため、よく市販のシャンプーに使われています。しかし、石油系洗浄成分は頭皮への負担と刺激が強いため、頭皮にダメージを与えてしまいます。中には、薄毛や抜け毛を誘発してしまうこともあるため、抜け毛、薄毛に悩まれて入り方は石油系洗浄剤が配合されているシャンプーはおすすめできません。
石鹸系洗浄剤とは?
石油系洗浄剤の他にも石鹸系洗浄剤というものがあります。環境にもよく、最近、石鹸系洗浄剤を原料にしているシャンプーも多く販売されています。しかし、頭皮は弱酸性でありながら、石鹸系洗浄剤はアルカリ性であるため、頭皮のことを考えると、アミノ酸洗浄成分の方がおすすめといえます。

 

アミノ酸系洗浄成分とは?

アミノ酸系洗浄成分とは、天然由来の合成界面活性剤です。アミノ酸系洗浄成分の原材料は天然の物を使っています。シャンプーのときに、アミノ酸系洗浄成分が含まれているかどうか確認するなら、シャンプーの容器の裏に、商品の成分表記があります。アシルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンNaと書かれてあれば、アミノ酸系洗浄成分が含まれているとわかります。アミノ酸系洗浄成分は、もっとも低刺激と言われていながら、実は洗浄力は十分にあります。洗浄力はもちろん、石油系洗浄剤と比べれば、低くなりますが、頭皮の洗浄力は十分です。むしろ、石油系洗浄剤の方が、洗浄力が高すぎて頭皮の負担が大きすぎるといえます。アミノ酸系洗浄成分は、育毛サロンなどでは主流です。メリットばかりのような感じがしますが、デメリットもあります。アミノ酸系洗浄成分は、原価が高く、アミノ酸系洗浄成分が含まれているシャンプーは比較的高くなる傾向があります。また、石油系洗浄剤と比べると、やはりシャンプーのすっきり感は落ちます。ですが、頭皮のことを考えるなら、やはり洗浄剤の成分はアミノ酸洗浄成分がおすすめです。