・本物の育毛シャンプーを求めるあなたへ。

 

際立つ育毛をサポートする育毛シャンプーとは?

 

多くの方が誤解しているのですが、じつは育毛シャンプーには育毛成分は配合されていないということをご存知でしたか?

 

そう、育毛シャンプーのみでの育毛・発毛というのは、厳密にいうと難しいのです…。

 

でも、ここで肩を落とす必要はありませんよ。

 

育毛シャンプーには育毛シャンプーのしっかりとした働きがあります。

 

では一体なにができるのか?

 

こちらでご案内いたしますね。

 

じつは育毛シャンプーが最大限に効果を力を発揮するのは、育毛剤と『タッグ』を組んだ時なのです。

 

育毛剤と力を合わせて、発毛や育毛を促すために地ならしをする縁の下の力持ち、それが育毛シャンプーです。

 

では、育毛シャンプーとはどんなもの?

 

育毛シャンプーとは、シャンプーの中でも毛根部分に働きかけるシャンプーのことです。

 

普通のシャンプーと同じようでもありますが、毛の本体部分のクセをなくしたり、サラサラ感を出したりというよりは、より地肌に効果的なのですね。

 

テレビのコマーシャルなどで、スカルプシャンプーなどの商品を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

あのように、育毛に役立つ成分が配合されていたり、普通のシャンプーと違う部分もあります。

 

そして普通のシャンプーと比べると、頭皮へ与える刺激を弱めたシャンプーでもあります。

 

 

では、実際の育毛シャンプーの効果とは?

 

上述したように、育毛シャンプーには育毛成分がないのに、なぜ育毛に役立つのでしょう。

 

そしてどのような特殊な成分が入っているのでしょう。

 

また普通のシャンプーよりも頭皮への刺激が弱いことに、どのような意味があるのでしょうか。

 

ここでは、それを解説します。

 

●頭皮への刺激が弱いものを選ぶ

 

育毛シャンプーは頭皮への刺激が弱く、肌に優しいシャンプーといえます。

 

確かにそれは健康などには良さそうですが、それが育毛とどう関係するのかと首をひねられるでしょう。

 

一説には、脱毛の原因の第一位は、頭皮へ刺激を与えすぎて毛根が弱ったことが理由といわれています。

 

毛根へ刺激を与えるものは、生活している上で、じつはいろいろあります。

 

乱れた食生活やストレスの多い生活、紫外線など。

 

しかし、最も頭皮や毛根に強い刺激を与えるのはシャンプーなのです。

 

シャンプーの汚れを落とす洗浄成分が、頭皮を守る皮脂までを必要以上に洗い落としてしまい、それが毛が抜ける原因となるのです。

 

ですから、それを防ぐため普通のシャンプーとは違った成分で、優しく汚れを落とすのが育毛シャンプーなのです。

 

毛根が弱ってしまった部分に髪を生やす、という事はそんなに簡単な問題ではありません。

 

薄毛やハゲになる原因には、いろいろな要因が重なっているのです。

 

たとえば、食生活・ストレス・紫外線・ムレ、ホルモンによる影響・遺伝等・・・色々あります。

 

元々の、シャンプーは汚れを落とす、保湿や保護と言った商品です。

 

この汚れを落とす事をメインとした物の中に、育毛成分を入れたところで その効果は洗い流してしまうこともあり、強いものではありません。

 

『頭皮環境改善・抜け毛防止』

 

これが育毛シャンプーのメインと考えてください。

 

過度の発毛への期待は禁物です。

 

本当に髪を生やしたいと言うのであれば、 育毛剤の併用・専門的な治療機関を積極的に利用していくことです。

 

育毛剤には、発毛に役立つ成分が入っていますから。

 

育毛シャンプーには育毛成分そのものは配合されていませんが、育毛に役立つ成分が入っています。

 

それは頭皮の血行をよくするものだったり、失われた頭皮の皮脂を回復させるための成分だったりします。

 

これらの成分はほぼ育毛剤に配合されており、育毛成分の効果を発揮させるための下準備をしてくれるのです。

 

ですから育毛シャンプーを使うと育毛剤の効果をさらに有効的に発揮させることができるということです。

 

発毛の土台作りというところでしょう。

 

育毛シャンプーさえ使っていれば髪の毛が生えてくるわけではありません。

 

育毛シャンプーの目的は、あくまで育毛のために必要な頭皮環境を整えることです。

 

頭皮の環境を整えることで、髪の毛の生えるベースを作り、育毛剤などの栄養分が最大限発揮されるようにするのが育毛シャンプーの一番の役割なのです。

 

育毛シャンプーを上手に利用しながら、地肌を育てる感覚で、育毛発毛に働きかけたいものですね。