・あきらめない!育毛シャンプーで余計なストレスを取り除こう。

 

発毛成分がなくても発毛する可能性が?!

 

育毛シャンプーには育毛成分は入っていませんが、それでも育毛シャンプーだけで発毛につながる可能性があります。

 

どういうことかというと、元々、普通のシャンプーが頭皮への刺激を起こし、脱毛につながっていたという可能性があるからです。

 

その脱毛の原因であるシャンプーの刺激による発毛の阻害がなくなりさえすれば、頭皮の皮脂も回復し、発毛につながると考えられます。

 

そう、普通のシャンプーを発毛シャンプーに置き換えることで、元凶を断つことになる、ということなのですね。

 

勘違いしてはいけないのが、育毛シャンプーは育毛剤ではないということです。

 

育毛シャンプーを使用すると、すぐに髪が生えてくると期待する人がいますが、決してそうではありません。

 

育毛シャンプーは、育毛のために必要な『頭皮の環境を整える』ということが一番の目的になります。

 

抜け毛や薄毛の原因といわれているものは、さまざまですが、8割以上の人は頭皮によるトラブルが原因だと言われています。

 

育毛シャンプーを使うことで頭皮の環境を整え、育毛剤などの栄養を入りやすくすることもできます。

 

頭皮を整えるということは、髪が生える土壌を整えるということで、その働きをするのが育毛シャンプーなのです。

 

そもそも市販のシャンプーって頭皮にどんな影響があるの?

 

ここまで、育毛シャンプーの主な効果についてご説明してきました。

 

そうなんです。育毛シャンプーは要するに髪や地肌にやさしいシャンプーなのですね。

 

では、市販のシャンプーとの具体的な違いは何なのでしょうか。

 

そもそも市販のシャンプーとはどういうものなのか、こちらでご説明いたしますね。

 

じつは、市販のシャンプーはあまり髪に良いものではありません。

 

ここでは、市販のシャンプーの何が良くないのかをご説明します。

 

 

・界面活性剤

 

シャンプーに含まれる髪の毛の汚れを落とすのに必要な成分に 『界面活性剤』があります。

 

シャンプーの成分のうち一番多くを占めるのが水ですが、 その次に多く含まれるのが洗浄成分。

 

この洗浄成分の石油系界面活性剤は、強力な洗浄力があり、 基本的には台所の洗剤などと変わりありません。

 

そのため、汚れだけではなく、 頭髪に必要な皮脂や栄養分まで、すべて奪ってしまいます。

 

なぜそのような成分が入っているかというと、 石油系界面活性剤は、コストを大幅に削減出来るからです。

 

市販で安価にシャンプーを手に入れることが出来る代わりに、 石油系界面活性剤が入っている、ということです。

 

ちなみに石油系界面活性剤は、成分の表記として 「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸」「パレス硫酸」 などと表記されています。

 

 

・シリコン

 

界面活性剤で汚れを落とすと、髪の毛がギシギシになってしまいます。

 

そのままでは、商品として販売できないため、そこに手触りをよくするために入っているのがシリコンです。

 

シリコンは髪の毛に膜をつくり、艶を出す働きがあります。

 

界面活性剤によって本当はギシギシパサパサになってしまった髪の毛ですが、 シリコンが入っていることによって、それに気がつかないようになっています。

 

ノンシリコンシャンプーという言葉は聞いたことがあるかと思います。

 

何となく、ノンシリコンシャンプーは良い、シリコンはよくない、 というイメージがあるかもしれませんが、 実際のところはどうなのでしょうか。

 

シリコンは、毛穴をつまらせ、パーマ液やカラー剤が入りにくくなる、という指摘もありますが、 髪を守ってくれている存在でもあるようです。

 

ただ、シリコンは毛の表面に膜をはり、髪の毛を重くします。

 

そのため、髪の毛がペタっとしてしまいますので、もし気になる人には、ノンシリコンのほうが良いという面はあるようです。